INFORMATION

2018.09.24 / Official Site

桃栗三年柿八年。インディゴダックは、、、

こんにちは。

 

NET店のタクゾーです。

 

 

僕には叶えられなかった夢があります。

 

それは、『高校生クイズ』と『鳥人間コンテスト』に出ること。

 

 

テレビを見ながら妻に語ったところ、

 

鼻で笑われました。

 

 

心の中で告訴しておきましたが、

 

同時にもうひとりの僕が「あきらめたら試合終了ですよ」と囁いてきました。

 

 

…そうかも。

 

ヒノヤスポンサーにして鳥人間になってみてもいいじゃないか。

 

デニム貼ったグライダーで琵琶湖飛んでやりますよ。

 

 

そうです!なんでもできる!なんでもなれる!!

 

輝く未来を抱きしめたら高校生クイズにだって、出れるはず!!!

 

 

「いや、無理だからオッサンは」

 

 

法定で会おう!と、心の中で叫びました。

 

 

 

さてさて、、、

 

僕の大好物が入荷致しましたのでご紹介をひとつ。

 

 

 

BURGUS PLUS Heavy Duck Chore Jacket Indigo

 

バーガスプラスから、インディゴダックのカバーオールが登場!

 

 

バーガスプラスご自慢の超高密度ダック生地は、

 

見た目だけで硬さ、強さを感じる素材。

 

タテ・ヨコともにインディゴ糸を使っているので

 

深みある色合いがたまりません。

 

 

 

 

襟はコーデュロイ。

 

硫化染料を使っているので、

 

洗い込むとインディゴ同様に経年変化が生じます。

 

 

 

 

縫製糸はオリーブ、リベット/ボタンは黒で統一。

 

 

このへんの調和がすごく大事。

 

白糸や金茶縫製もワークウェアらしくて格好良いのですが、

 

こちらはグッと渋さが増しております。

 

 

 

 

袖裏やループには、硫化染めオックスフォード生地を使っております。

 

袖まくった時など、ブルーとネイビーのコントラストが素敵です。

 

 

 

 

BURGUS PLUSの14.5oz Denim Painter Pantsと合わせてみました。

 

このジャケットと同じパーツを使っているデニムなので

 

セットアップした時の親和性が良いです。

 

 

同じインディゴアイテムでも、生地の違いでニュアンスも異なります。

 

チノパンやカーキ色のパンツと合わせたくなるところですが、

 

同系色セットアップもお勧めです。

 

 

 

ちなみに、インディゴダックの経年変化。

 

こんな感じになります。たぶん。

 

 

 

意外と落ちるものでしょ?

 

約2年モノですぜ。

 

洗濯回数は数知れずですが。

 

 

 

ジーンズとは違い、落ちる部分だけが落ちてゆく、という感じです。

 

よーく見ると、ボタンのフチも削れて塗料が剥がれております。

 

 

 

アームホールの太さが違うので、

 

ここまで細かい線は入らないはずですが、

 

生地が硬いのでシワはくっきりと入るかと。

 

 

 

 

Tシャツでも、ネルシャツでも、パーカーでも、スウェットでも、

 

ニットやインナーダウンと合わせても、この上にオーバーコートでも。

 

 

使い勝手抜群。流行り廃りお構いなし。

 

一つのアイテムを、じっくりコトコトと愛でたい。

 

そんな方にうってつけなアイテムです。

 

 

それではまた次回!

 

 

 

 

タクゾー

 

HINOYA-SUN HOUSE Official Site

 

https://hinoya-ameyoko.com/

 

 

SUN HOUSE ONLINE SHOP

 

https://shop.hinoya-ameyoko.com/hinoya-sunhouse/

 

 

【各店舗のインスタグラム】

~スタッフ達の着こなしや、新作情報も連日公開中です!~

 

ヒノヤ本店:hinoya.co

 

ワン店:hinoya_one

 

プラスマート店:hinoya_plusmart_

 

なんばパークス店:hinoya_namba

 

SUN HOUSE:_sun_house_

 

SUN HOUSE 神南:sunhousej1163

 

HINOYA-SUN HOUSE OFFICIAL:hinoya_sunhouse_co

 

楽天市場店のブログはコチラより