INFORMATION

2017.03.18 / Official Site

鬼デニム、新作!×2

こんにちは。

NET店のタクゾーです。

 

 

先日、秋葉原でカメラ売り場を冷やかしている時、

ふと横目を見ると

鬼デニム(あの色は鬼秘)を穿いて、

ヒノヤの袋をぶら下げていたグッドルッキングな金髪紳士が

同じコーナーでカメラを物色しておりました。

 

 

心の中で、「お買い求め頂き、誠にありがとうございます。」と唱え、

その場を立ち去りました。

 

 

その場で話しかける度胸があれば、

僕には今ごろ友達100人位おりますよ。

(タイムカード押した瞬間、人見知りな性格に戻ります…)

 

 

さてさて、、、

休日中もしっかりと『鬼デニム』の認知度を実感したわけですが、

より世界に向けて動いております、鬼デニムさん。

 

 


鬼デニム 『アメリカンテーパード』

 

『1960年代のアメリカ製ジーンズ』を

イメージして作ったとの事ですが、

『鬼デニムのアメリカでの取扱店からの要望』にも

応えたのがこの形。

 

 

実際に穿いてみましたが、

 

 

 

おわかりになりますでしょうか?

 

ああ播磨灘!体型のタクゾーです。

パッツンパッツンに見えますか?

でも、穿き心地悪くないんですよ。

見た目より、全然窮屈でないのです。

 

 

前股上は浅く、後股上は深いので

お尻周りは余裕がありますし、

太腿も細過ぎない。

でも、強いテーパードのおかげで見た目はシャープ。

個人的に大好物です。

 

先に入荷していた

 

ユーロタイトテーパード』は

 

まさかの『不戦敗』を喫したので、

穿く前はトラウマが蘇ったのですが…

(お恥ずかしながら、W34でもヒザから先が上がりませんでした…)

 

 

生地は『サンドペーパー系デニム』であるXXタイプ。

もの凄い縦落ち、楽しめます!

 

 

そして、もう一本!

 

 

 

『ディープグリーンキャスト』

 

 

こちらは『新生地』!

その名の通り、うっすらと緑色です。

 

 

昔の『キャントンの3rd』を彷彿させます。

(ググって下さい)

 

まるで草木染めのような色合い。

 

しかし、徐々に鮮やかなブルーになる生地です。

これも色落ちが楽しみでワクワクしますすねー♪

 

こちらはしっかりヘヴィーな20oz!

 

 

この厚み!!

 

 

今回の2型。

もちろん次回の入荷は…不明。。。

 

 

サイズがしっかり揃っているうちに、

是非手に入れて下さい!

 

 

タクゾー

 

 

 

HINOYA-SUN HOUSE Official Site

 

http://hinoya-ameyoko.com/

 

 

HINOYA-SUN HOUSE ONLINE SHOP

 

http://shop.hinoya-ameyoko.com/hinoya-sunhouse/

 

 

【各店舗のインスタグラム】

~スタッフ達の着こなしや、新作情報も連日公開中です!~

 

ヒノヤ本店:hinoya.co

 

プラスワン店:hinoya_plusone

 

プラスマート店:hinoya_plusmart_

 

なんばパークス店:hinoya_namba

 

SUN HOUSE:_sun_house_

 

SUN HOUSE 神南:sunhousej1163

 

HINOYA-SUN HOUSE OFFICIAL:hinoya_sunhouse_co

 

楽天市場店のブログはコチラより