INFORMATION

2018.11.11 / BUYER & WEB / NEWS / Yahoo! HINOYA

もっこもこでぬっくぬく!!

 

皆さん、こんにちWA!!
NETスタッフのヤマです。

 

こくっち(告知)!!

Yahoo!ヒノヤではポイント10倍キャンペーン開催中!

開催期間は11/11 日曜日(00:00)~11/17 土曜日(23:59)までです。

何卒、宜しくお願い致します!!

 

それでは、今日もちょっと変わったお話や謎めいた噂話からの

本日のオススメをご紹介!!

 

さっそく、どうぞ♪

 

今回は、「東京に張り巡らされた結界?!」というお話です。

 

 

元々、日本の中心地は京都であったが、それが江戸に移された。

その際、風水的に様々な仕掛けをしたという都市伝説がある。

 

例えば、その昔、徳川家康が江戸に幕府を開いたが、その家康の

母体である東京タワーの脇にはある増上寺は、東京の守り神と

 

言われており、この増上寺から鬼門の北東に向けてお寺や神社が

ずらりと並んでいる。つまり、不吉とされている鬼門の方角を

寺や神社で潰しているのだ。

 

他に風水的仕掛けがされているのは山手線。

 

円形の端と端には渋谷駅と上野駅があるが、この二つの駅には

非常に有名な銅像がある。

 

渋谷はハチ公像、上野は西郷像。

 

渋谷のハチ公像は、ご主人の帰りを待ち続けたハチ公の話が元になって

作られたが、実はハチ公は主人を待っていたのではなく、近くの焼き鳥や

におこぼれをもらいに毎晩きていた。つまり、作り話なのだ。

 

西郷隆盛像も犬を連れているが、生前の写真をみても、西郷さんが犬を

連れているものはないらしい。なのになぜ渋谷も上野も、犬が銅像にされて

いるのか?

 

実は、東京の皇居を中心とした端と端に犬を置くことによって、よく神社など

にある狛犬の代わりとなっているといわれている。

 

つまり、東京は二つの犬によって守られているのだ。

 

しかし、ハチ公像はこれまでに二度移動しており、その度に向きが変わっている。

 

前回、ハチ公像の位置が変えられたのは、1989年の事。この年は昭和という

時代が終わり、その数年後バブル経済が終焉を迎え、日本が不況へ向かう

ことになった。

 

もしかすると、これは東京を守る狛犬だったハチ公像の向きを変えたためでは

ないかとも言われている。

 

さらに、東京タワーに変わり新しい電波塔となる東京スカイツリーが家康の

仕掛けた結界を引き裂いた可能性があり、完成時の高さ634mに到達した

2011年には、東日本大震災や原発事故が起きている。

 

張り巡らされた結界に守られ続けてきた東京にとって、不穏な動きとして

注意する必要があるかもしれない。

 

信じるか信じないかはあなた次第です。

 

 

さて、本日はコチラを・・・

CHESWICK 米国製 ボアフリース ジップパーカー ”UCLA” CH68060                 
 

今回のヤマ’s EYEは、ボアフリース ジップパーカー ”UCLA”ですね!!

 

なんと言っても、このボアフリースのボディーですね♪

 

このもっこもこでぬっくぬくのフリース生地が肌触り良くて

からだを包み込むようなフィット感が堪りません♪

 

アウターのインナーにこれを着用すれば怖いもんなし♪

 

この冬はアウター+ボアフリースでキマリです!!

 

是非、試してみて下さい♪

 

またまた、少数入荷なので気になる方はお早めに!!

今後もズババババーンと入荷予定ですのでお見逃し無くです。

それでは今日はこのへんで。