INFORMATION

2019.07.10 / BLOG / ONE

WAREHOUSE

みなさんこんにちは~(^^♪

 

ONE店でございます。

 

さて、

 

 

 

 

最近はこれがマイブームです。

 

自分だけのオリジナルコースを作れる感動。

 

たまりませんね。

 

 

中々頭使います。

 

細部までこだわりを持って作ると、とても手間がかかり、

 

検証の繰り返しです。

 

 

 

さて本日は、

 

こだわり、検証、追求、

 

本物を作り続けてるブランドの紹介です。

 

 

 

 

ウエアハウスカンパニーは1995年の創立以来、

ファッションという流行に左右される業界に在りながら、決してそれに流されない、

「ヴィンテージ古着の忠実な復刻」というテーマを追い続けています。

縁あって出遭った一着のヴィンテージの生産された時代の背景を考察し、

糸の一本から生地、縫製、そして洗い加工にいたるまで、徹底的に研究。

さらに、生産された当時の無骨さや、匂いなどの風合いを消さない

サイズアレンジにも取り組んでいます。

一着のヴィンテージ古着との出遭いがある限り、我々の探究心が尽きることはありません。

 

 

 

 

 

 

そうです。

 

ウェアハウスもようやく揃いました!!!

 

今ならしっかりコーナーも設けてありますので、

 

ゆっくりご覧いただけます。

 

 

スタッフサンプル

 

LOT : 1001SXX

着用期間 1年半

 

 

スタッフサンプル

 

LOT : 1001XX

着用期間 3ヶ月

 

ここからはちょっと長い説明ですが・・・

 

ヴィンテージと同様の色落ちを見せるウエアハウスのジーンズは、

中白糸と呼ばれるインディゴ糸で仕立てられていることに起因していた。

ヴィンテージジーンズと見紛うほどの色落ちに定評があるウエアハウスのジーンズ。この迫力のあるオーラを放っている好サンプルのような色落ちを実現させるため、ウエアハウスでは独自の手法や技法を取り入れています。ヴィンテージのデニムバナーを解体・分析することで当時の糸の構造を再現したり、国内で稼働する最古の織機を使ったりと、時代感を徹底的に検証したデニム作りを行ってきました。中でも色落ちに最も影響を与えている要因はタテ糸の中心の白さにあり、ヴィンテージのジーンズの経糸の断面を観察すると、外側はインディゴに染まっているが、中心はハッキリと白くなっているのが特徴です。これがムラのある紡績と相まってメリハリのある色落ちになるのです。これは当時の染色・紡績技術が現代よりも拙いための副産物であり、時代とともに技術が進化するほど糸の中心近くまでグラデーションで染まるため、色落ちした時にメリハリが無くなってしまいます。シルエットやディテールはもちろん、顕微鏡レベルで観察してもヴィンテージを忠実に再現した妥協なきモノづくりがここにあります。

 

 

STEP 1

まずはヴィンテージの糸を
徹底解析することから始まった。

1940年代製のヴィンテージデニムから採取したタテ糸をカットし断面を拡大すると、

糸の表面はインディゴが濃く染まっているものの、

中心部は真っ白に残っているのがわかる。

当時からインディゴ糸を作るためにはロープ染色と呼ばれる技法が採用されていたが、

’40年代の技術では中心近くまで染めることは出来なかった。

この状態を再現するべく、現代におけるロープ染色の技法をもう一度見直すことが課題だった。

 

 

 

STEP 2

逆転の発想で
ヴィンテージと同じ中白糸を実現。

現代のロープ染色では、糸の染まりを良くするため、

染色前の糸を熱湯に浸ける精錬という工程が存在する。

ウエアハウスでは、あえて精錬工程を“常温の水で行う” という逆転の発想により、

ヴィンテージの糸と同じ、ハッキリと中心に白が残る、中白糸を作ることに成功した。

この糸を使うことでヴィンテージのような色落ちを実現させています。

 

 

STEP 3

ウエアハウスの十八番“G3”織機で
デニムを織り上げる。

ヴィンテージの味わい深いデニム生地を織るのに欠かせないのが、

ムラ糸の特性をそのまま生地に落とし込める豊田自動織機のG3。

現在国内で稼働している最古の織機とも言われる超旧式の機械。

自動織機とはいえ、

動作中は常に人がチェックを行っているため現代的な織機と比べ時間も手間が掛かってしまう。

しかし、織り上がった生地は、ヴィンテージと同じ表情をみせてくれる。

 

STEP 4

当時と同じ縫製を施して完成!

織り上がった生地は、インチ設定にカスタムしたミシンで縫製されている(通常はミリ設定)ため、

完成時の表情はヴィンテージそのもの。

また中白糸を使った生地だけに、タテ落ち感はもちろん、

巻き縫い部分のアタリなど細部にまでヴィンテージと同じ経年変化が現れる。

 

 
 
 
どうでしょう???
 
ものすごいこだわりです。
 
細部まで妥協なく作られているブランドです。
 
是非みなさまも自分だけの最高の一本を育ててみましょう(๑•̀ㅂ•́)و✧
 
 
 

詳しくはこちら

〒110-0005

東京都台東区上野6-10-16

TEL03-3831-0385

HINOYA  ONE

インスタも合わせてお願いします。

ONE店:hinoya_one

 

 

 

 

来週もよろしくおねがいします(*‘ω‘ *)