男たるもの、太く行こうぜ

突然ですが、私ブランド信者なんです。

いわゆるブランド品、又はとにかく流行り物、大好きなんです。

時代の波に飲まれて揉みくちゃにされたいくらい(我ながら気持ち悪りぃ…)。

だもんで、セレオリ、すなわちセレクトショップのオリジナルブランド、苦手です。

そのはずが…私の仕事着、気がつけばバーガスプラスばっかり!

「なんでだ!?」

そこで改めて思ったんですが、やはり根底にある思いとして普通の服は着たくないという事。

そもそも品質が高いのは大前提、振り切った変わり種は流石にムリ、絶妙なイジリ具合がちょうどいい、それが正にバーガスプラスなのではないかと。

さぁ、見事な誘導(ほんとか?)からの本日のご紹介です。

BURGUS PLUS

Wide Wale Corduroy Hunting Coat

Lot: BP20903

Color: BR(ブラウン),BK(ブラック)

Price: ¥36,000+Tax

一頃、コーデュロイ素材の洋服を見かける機会が非常に少ない時代があり、若い方だと知らないなんて声を聞く事もよくありました。

ところが近年、何をきっかけとしてか急激に頭角を現してきたイメージがありますが、特に見かけるのが今作にも使われている様な太畝の物。

今回バーガスから登場したのは、40年代のフランスに見られた物をベースとしたハンティングコート。

この重厚感のあるコーデュロイ、国内においては最高峰と言われる静岡は遠州産の生地を使用。別珍・コーデュロイと言ったら静岡・遠州、デニムで言うところの岡山産的なイメージでしょうか。

胸元のテーラードの様な箱ポケットがヨーロッパ的で見た目もスッキリ。

裾のポケットのボタン付きフラップ、こいつが実は飾りボタン。ボタンホールが無いのでフラップを中にしまう事で又違った雰囲気に。

更に見えない部分ではありますが、ポケットの袋地に使われたチェック生地にもこだわりが光ります。

裏地はキャプラ混コットンで袖通り滑らか、絶妙な光沢がイヤらしくもステキ。ちなみに胸ポケット、両側に備えちゃってます。

シルエットはコート然としたゆったり、でありながら袖は意外と短めスッキリと、絶妙なバランスゆえサイズ感一つでガラッと印象が変えられて、イメージ次第で色々な着こなしが楽しめそうですな。

ヒノヤはWEBサイトも運営しています。

こちらも合わせてご利用下さい。

HINOYA official online Store

https://hinoya.shop/

Burgus Plusのホームページ
burgusplus.jp

楽天市場 ヒノヤ
https://www.rakuten.ne.jp/gold/hinoya/

Yahoo!ショッピング ヒノヤ
https://store.shopping.yahoo.co.jp/hinoya-ameyoko/

SUN HOUSE ショッピング        

https://shop.hinoya-ameyoko.com

HINOYA ONE

〒110-0005

東京都台東区上野6-10-16

TEL03-3831-0385

インスタグラム hinoya_one

では、又来週もよろしくお願い致します。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA